謹賀新年2018

皆様

明けましておめでとうございます

2018年も宜しくお願い致します

新年1月1日

元旦の朝は、誰もが心新たになりますね。

今年はどんな年になるのか?

良い年にしたい、そんな期待にワクワクしながら今年の目標を立てる方が多いのでは?

新しい年の始めに目標を立てる

まさしく

一年の計は元旦にあり

なんですが

この諺である一年の計は元旦にありの前部分を忘れている。または知らない人が最近は多いですね

正確には

一日の計は朝にあり、一年の計は元旦にあり

その日に為すべきことは朝に計画を立て、その年に為すべきことは元旦に立てるべきである

何事も始めに計画を立てるのが重要だと言う意味ですね

シッカリ計画を立て未来予想をする。そんな元旦にたまたま何か悪いことがあったら

例えば

夫婦喧嘩をした、初詣で転んで怪我をした。そんな事があると、今年一年あまり良くない年では?と思ったりしませんか?

逆に

元旦早から良い事があり、今年一年は良い年になるのでは?と思ったりしませんか?

はい。

間違いですよ

特に、良い事があると自分なりに誇大解釈と希望で今年一年が良くなりそうだと思ったりもしますが、全くの勘違いで間違えていますからね(笑)

元旦に良い事や悪い事が、たまたまあっただけで一年を決めつけないように

要は冒頭で述べた計画性ある行動が自身の幸運への道標となるわけですからね

まずは、運気の流れを知り自身の行動を計画して下さい

簡単に運気の流れを掴むには六曜と月の観察です

六曜は先の記事にアップした2018年開運日を参考にして下さい

月は新月、満月が大安吉日同様の開運日ですから参考にして下さい

運気のバイオリズムが悪い時は、開運日を利用して好転させる

そんな簡単な事で運気の流れを掴めるはずです

勿論、一年の計画も開運日を知る事で計画を立てやすいですね

一年の計を開運日に併せて計画をして、運気の流れを自身で作って下さい

因みに、私の計画は2018年7月1日の天赦日一粒万倍日に合わせて動いて行きますよ

新年の抱負を持つとき、何かを切り捨てようと決心をするなら、それは真っ先に不可能という言葉にしよう

byナポレオンヒル