ドリームスペルより031

ドリームスペルの遊び方のルール

銀河の署名ホロン、惑星キン、エゴ

銀河の通路に割り当てられた名前は、

自分の個人的な銀河の署名になる。

銀河の署名は、羅針盤上の

銀河の通路に対応するキンの書の

各キンの題名からとられている。

銀河の署名は、

自分の個人的な

ドリームスペルのコードネームになる。

銀河の署名の、

色、銀河の音、太陽の紋章は、

あなたの作業の基礎である。

それがあなたを1人の惑星キンと認める。

ドリームスペルのお告げを遊ぶために、

あなたは3つの部分の、役割を演じる

個性ホロン、惑星キン、エゴーを持つ。

ホロンは、自分の三次元のエゴに対する

四次元の対応物である。

ホロンは、自分の三次元の形では

到達できない人、

出来事、場所と同一化する、

自分の想像力の自由意志の力である。

ホロンは自分の想像的な仮面である。

惑星キンは、

キンの法則に基づいて、

ホロンとエゴを仲介する。

惑星キンは、

どんなことが起ころうとも、

その責任負う者である。

惑星キンは、

自分の相関的な仮面である。

相関とは互いに影響しあうこと。

エゴは、三次元の時間で

四次元の役割を最後まで演じる。

三次元のエゴが、

自らを銀河の署名として認めるとき、

それは惑星キンである。

このエゴは楽しみを愛する仮面である。

ドリームスペル32ページより

033へ続く