vs爽やかイケメン泣かされた事件簿〜エピソード最終話

こんにちは、湖山まきです。

いつもご訪問ありがとうございます。

いいね!や読者登録を励みにしています

8/15〜9/10まで、一応

伊藤なほみさんの自己アピール月間に、

仲間と一緒に参加しています。

自己アピール月間とは

日本人がとにかく苦手な自分の良さ、

自分の実績、自分の思いや考えを

投稿するという企画。

目的は、

自分の商品の良さを説明する力を身につける

自分で伝える事に慣れるため

ヤマキ、今のところ特に商品はございませんが、

とりあえず参加してみてます

9/10までお付き合いを宜しくお願い致します

今日は、続単なるコヤマの過去シリーズ

出会い編6年後の事件に引き続き、

vs爽やかイケメン泣かされた事件簿〜エピソード

vs爽やかイケメン泣かされた事件簿〜エピソード

ようやく、おととい起こった話について書きます。

これで最終回です

32年越しの雪解け

T君とコヤマキ

お互い、大人の対応をしつつ、

実際は物別れして、連絡をとらなく

なってから2年。

おととい、私から連絡しました。

伝えたいことがあるんだけどって。

そしたら、電話がかかってきて、

そのまま君が私の住んでいる町へ

来てくれて、

2年越しに、

雪解けました!

自分が引っ掛かってることって、

相手もずっと引っかかってるんですね。

あのときはごめんね。

って2人で言いあって。

全然知らなかったけど、

君は当時、

特許絡みの仕事に携わってた関係で

職場で孤独に働いてて、

しかも、婚約してた彼女と別れたところで、

こころに全く余裕がなかったらしい。

けど、それを伝えることもできなくて、

ただ余裕がなくて、あんな風に言っちゃった。

物別れしてから、何回もLINE読み返して、

自分でもダサいと思うけど、連絡できずに

でも、気になってた、って言っておりました。

ときおり、お互い泣きながら、

昔のこと、これまでのこと、

現在のことについて色んな話をして。

結局3時間くらいは話してたと思う。

最後は、話せてよかった、ってお互い

言いあって、笑顔でお別れ。

2年かかったけど

本当の雪解けを迎えることができました。

終わり

3記事に渡り、お付き合いいただき、

ありがとうございました。

これで、8年に渡る長い!

君とコヤマキの事件簿は終わりです。

最後に、私が伝えたいことを少。

-----------------------

きっかけは大切に

-----------------------

どんなことも、

現実を変えるのは、

選択、そして行動の力だけ。

そして、私の経験上、

なにかを変えたい!と思ったら、

自分から行動することに、ハズレはない。

もしかすると、最後のトリガーは

他人が引いてくれるのかもしれない。

でもね、その最初のきっかけは、

自分が起こしてるケースも多いはず。

特に人間関係や、

相手が異性の場合って、

自分から連絡していいのかな、とか

自分からなんて連絡できない!って

思ってる子が多いと思う。

ふだん、そういうブレーキの気持ちが、

気になる気持ちのアクセルを上回るなら、

放っておいてもいいと思う。

私だってそう。

今回、私が2年越のモヤモヤを乗り越えて

君と雪解けできたのは、私自身が、新しい

ことを始める!って思ったこと。

これがきっかけです。

何のきっかけがなかったら、

ずっと心のなかにひっかかったまま、

きっと、お婆ちゃんになってからも

グダグダして、

あのとき、ああしていれば

あのとき、連絡していれば

って思ってたんだろうと思います。

実は、君のほかにもう1人だけ気になる

女性がいて。今回連絡を取っています。

もし、ブログを読んでくださる方のなかで、

自分のこころに、ずっとトゲとなっている

出来事があって、

こうしたらいいんじゃないか、こうしたい!

と思う直感が自分の中にあるのなら

自分自身のタイミングでいいから、

ぜひきっかけを掴んでほしいな、と思います。

直感、選択、そして行動は、

人生を変える宝。

自分のこころに素直に、正直にある。

他の誰のことも気にしないで、

心底素直になって、自分のこころは

どうしたいと言ってるのか。それだけをみる。

そして、その直感に従って行動する。

これだけで、色んなことが変わります。

つたない8年間の話でしたが、

読んでくださる方にとって、

自分のこころ、直感に従って

行動するきっかけに

していただければ幸いです。

感情よりも先の、直感を信じて

そして、行動してみてほしいです。

最後までお読みいただき、

本当にありがとうございました。

まとめ

結局、エピソードよりも

伝えたいことの分量が多いという

自分本位なコヤマキになってしまった。

が、一応3記事書ききることができた。

ヤマキは、魅力ポイント1をgetした。