韓国映画拝啓、愛しています見ました

拝啓、愛しています

2011年公開

1時間58分

監督

チュチャンミン

原作

カンプル

キャスト

イスンジェマンソク

ユンソジョンイップン

キムスミグンボンの妻

ソンジェホグンボン

ソンジヒョヨナ/マンソクの孫

あらすじ

明け方、まだ街頭に照らされている

曲がりくねった路地裏を、

古びたバイクが走っていく。

牛乳配達で小遣い稼ぎをしながら、

引退生活を送っているマンソクイスンジェだ。

毎朝、配達中に通る滑りやすい急な坂道を

バイクで上っていく。

ある朝、重いリヤカーを引っ張りながら、

苦労してその坂を下りている女性イップン

ユンソジョンと出会う。

バイクで石が飛びイップンが転んだのを

助けたことがきっかけで、

マンソクは彼女のことが気になり始める。

マンソクは毎朝すれ違う坂の上にバイクを停めて、

彼女が来るのを心待ちにするようになる。

いつもイップンに親切にしている駐車場の管理人

グンボンソンジェホは、

そんな2人を温かく見守っている。グンボンには、

長年連れ添う認知症の妻キムスミがいた。

妻を献身的に介護しているグンボンは、

イップンを介してマンソクとも親しくなる。

お互いに年を重ねてから、

思いがけない出会いを果たした彼らは、

愛する人を想い、支え合い、友情を深めていく。

彼らのまるで若者のように充実した日は、

永遠に続くかに思えたが。

韓国映画拝啓、愛しています予告編

この映画出演者を見て戴けるとお判りの様に

高齢者の映画です。

韓国もいよいよ高齢者問題が起こりつつあるのか?

お隣中国も一人っ子政策の皺寄せか高齢者の問題が

早くも社会問題化しつつあると耳にしました。

韓国映画に良くある暗い暗い映画なのか??

腰が引けつつ見る事にしました。

出だしの映画のトーンがセピア色で何となく

暗さよりも気持ちの落ち着く出だしでした。

薄暗い狭い道を古いバイクに乗り牛乳を配達する

様子から始まります。

演技には定評のある方ですから

その辺りは心配なく自然な感じで見れました。

詳しい解説はしません。

ご自分の目で見てご判断下さい。

久に良い映画でした。

評価はです。

まだ見て居られに方には朗報です。

YouTubeにアップされていましたので

紹介します。

しかし、私はYouTubeでは見ていません。

時途中でさらっと終わったりしています。

責任は取れませんので、自己責任でご覧下さい。

拝啓、愛しています日本語字幕

15758

紹介した手前少し見たら何と最初が途中からでした。

私が気に入った出だしのセピア調が無くて残念です。

予告編にもありません。

残念です。

拝啓、愛していますDVD4104円

Amazon

中古DVD拝啓、愛していますLATEBLOSSOM1404円

楽天

拝啓、愛しています3078円

楽天