といもといも 可愛そうなお話です

おじさんは ここ数年間 「オオトカゲ」と共に生活をしています

彼らは肉食であり おじさんも何度か 遊んびじゃれているときに 咬まれました

15針縫った経験もありました

しかし それは おじさんが彼らのどうしても許せない領域におじさんが勝手に踏み込んだ時のことであり

彼らは 本来人とかかわりのない世界で生きてたのですから

いま おじさんの住んでいる街は 連日 あるニュースが天下のNHKも くだらない民放も

面白おかしく報道しています

それは 体長1mぐらいの「コガネオオトカゲ」が ある飼い主さんからちょっと自由を求めて

少しだけ街を徘徊してしまった とい内容です

この飼い主さんも 各社の詰問でなんで逃げたのだと 怒られていました

おじさんも 数年前に 同じように 「グルドーモニター(ミズオオトカゲ)」を 今回と同じような状況で

自由を求めて 街を徘徊したさせてしまった経験があります

その時 地元警察 近くの動物園 地元保健所に 通報しました

僕の場合は まったく世間に知られることなく 約二か月後に 警察に保護されましたが

なぜ 今回こんなに 大きさニュースになってしまったのでしょうか

「コガネオオトカゲ」は 熱帯雨林の生息し 昆虫類を食べる 温厚なトカゲです

けして 人を襲うことはありません

なぜ こんなにも 天下のテレビ 新聞の大報道関係者 騒いだのでしょうか

日本という国は 本当に本当に 平和なのですね

改めて 感じました

なお このオオトカゲ君は 残念ながら 無事に一週間というとてもとても短い自由の放浪の旅は終わってしまいました

犬・猫・小鳥・金魚・カメなどが 逃げても何も報道されないのに

爬虫類 特に ヘビ トカゲは 世間の認知度がとても低く

恐ろしい生き物だという固定概念が 旧約聖書の時代から 人々の潜在意識にすりこまれているため 今回のような加熱した報道となったのかもしれませんね

おじさんも 現在も 3匹のトカゲ君とともに生活をしています

気を付けましょうね

安倍君が またまた憲法で規制を掛けられたら大変ですので

「仏の顔も三度まで」ですので 次回事件を起こしますと

無期懲役になるかもしれませんので